ログイン | 新規登録
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
カテゴリ一覧
アーカイブ
メインメニュー
大阪城ブログ - 最新エントリ

最新エントリ
2014/11/03
カテゴリ: 日々の出来ごと : 

執筆者: oosakajyou (10:52 am)
20数年ぶりの慰安旅行
今年の7月中旬から20年ぶりに会社勤めを始め、
会社の慰安旅行に参加
1日の朝、会社に集合し3台の車でスタート
阪神高速、名神、北陸道の福井ICを出て
永平寺近くのそば道場『ごっおさん亭』でそば打ち体験を










蕎麦粉の量が少ないので、これで3人前かと思った
楽しくそばうちを体験し
食事にじぶんたちが打ったそばがでてきてΣ(゚д゚lll)量が半端でない多い
あんなに少なく、細く切ったつもりが、太く量が多い???







永平寺では昔来た時と雰囲気が変わっている。
完全な観光コースにより導かれている。
自然の中にある禅寺の雰囲気はやはりよい











越前海岸にある『平成』へ、日本海の地平線が美しい、
波打ち際の岩もなんとなく風情がある
近所にある露天温泉で旅の疲れを癒し










夕食の料理へ
量が半端でない。美味しくて酒を適量にして食べ物に挑戦するも
ご飯が食べれない。海鮮丼のいくらが羨ましい
人生初の体験。美味しいものに手をつけて残した










翌朝の朝食も
特別に朝捕れの「イカ」と「アジ」刺身の
舟盛りを差し入れてくれていた。
舟盛りのイカのゲソがとっても美味しい


旅館を出るときに秋祭りの「神楽」がホテルに来るので、
出発を送らせ神楽を見る









次の目的地「彦根」
お昼は12時から、せんなり亭「伽羅」









何とすごい行列、3時近くでも外で並んでいる。








何遍も彦根に来て、お城にも上っているが30分待ちとは恐れ入りました
町並みに人が溢れている。
これもひこにゃん効果か









お土産に「いと重の埋れ木」を買い求めた。

17時に無事に大阪に戻り解散。
とっても満足、お腹も膨れた旅でした。
2014/10/26
カテゴリ: 芸術・美術 : 

執筆者: oosakajyou (2:46 pm)
25日は奈良公園へ
大古事記展を奈良県立美術館で行っている。

美術館の前で、高千穂の夜神楽の実演が有り








33番のある中で
最初の演目『彦舞』動画はクリック

続いて『手力雄』動画はクリック








うずめ/(天のうずめのみこと)










じ夕茵覆箸箸蝓/手力雄の神
2014/08/31
カテゴリ: 季節の出来事 : 

執筆者: oosakajyou (7:01 pm)
今年は16回目です

最初に猿沢池の手前で県庁グループを見ました
クリック














FGP忍は16回の参加とのこと
DESSY SCHOOLはベリーダンス















おどらんやの旗さばきも見事











京都山城みつば家クリックしてください





飛び入り隊は外国の人も参加

大阪教育大学琉球鼓舞
2014/08/15
カテゴリ: ブラブラと散策 : 

執筆者: oosakajyou (9:06 am)
13日は奈良公園へ
外国の人が多く、日本人が少なく感じられます。
万葉植物園へ


夜のライトアップの装飾が施されている。
ライトアップは
18時から21時半までとのこと9月30日まであります
(昼間とは別料金です)










南蛮煙管、なでしこと・・・
季節の花が美しい
池のほとりで、
いつも本を読んで小一時間ほど過ごします

















若草山では
緑の青々としたところで鹿が食事?







春日野園地から東大寺を



18:30から能楽堂で
明日香村伝承芸能保存会による
八雲琴演奏を聞く(昨年も来ました)
(2弦琴です)









終わって園地に出ると
ロウソクに火が添加していました。
2014/06/02
カテゴリ: ふれあいの報告 : 関大金曜会 : 

執筆者: oosakajyou (7:12 pm)
例年の泊まりにお計画はバスでの日帰りに変こされ
岡山県の柵原鉱山に
中国自動車道の「美作」で降り
昼食は「西の屋」で食べたが、
この店のトイレの横に見事な「水車」が気になったのでパチリ






先ず、柵原鉱山資料館へ












鉱山公園では懐かしい電車が往復している
体験乗車を楽しんでいた









鉱山の見学は毎月第一日曜日のみである。
偶然にも見学ができた
「坑道農業」という形での見学であった
Aブロックでは「酒類や芋類他の貯蔵室」











B、Cブロックでは「黄ニラやうどなどの栽培」のように、光の当たらない部屋になっていた。

Dブロックでは「筋力トレーニング」や高地のランニングルームが備えられていた。










Eブロックでは「椎茸」が栽培されており、取り放題で200円であった。





身体を刺すような暑い一日であったが、
坑道の中は涼しく外に出ても心地良い気分であった。
2014/05/31

執筆者: oosakajyou (6:28 pm)
家から歩いて近鉄奈良まで30分、
暑い中、土御門商店街を通って奈良ホテルの下にある「大乗院庭園」へ


ここからの景色が好きである






テクテクと新薬師寺
本堂は天平時代の建造で
薬師如来を中心に十二神将像が取り囲んでいる
堂をくるっと回ると一箇所にステンドガラスが・・・
静かで落ち着く場所である。











チョウチョが
花の蜜を吸っているところもパチリ





十数分も歩くと白毫寺階段を幾重にも上がる























境内には本堂と御影堂がある
鎌倉期の閻魔大王の像が安置されている。


花の寺としても有名で参拝する人も少なく、静かで落ち着く。
五色椿(天然記念物)も有名である。

 
 








また、ここから奈良市街が一望できるが
今日は中国の黄砂の関係か霞んでいる。
2014/05/27
カテゴリ: ブラブラと散策 : 

執筆者: oosakajyou (6:48 pm)
緑が多く、落ち着いた雰囲気が大好きで
朝から
雨が降った後の緑に誘われてバスで唐招提寺へ
遠足の子供たちの集団、









俳句の会か筆記具と紙を持って年寄りの集団
昨日の雨で落ち葉を掃く人たち
行基のお墓の横で見つけた「金魚椿の葉っぱ」
のんびりと本を読む


















寺を出ると直ぐ横に黄色い花が・・・
薬師寺に向かって歩く。
玄奨三蔵院は高田公胤名誉館長に工事中に案内をして頂いた思い出の建屋


2014/04/06
カテゴリ: ふれあいの報告 : 関大金曜会 : 

執筆者: oosakajyou (6:43 pm)
今年も行きました
お昼は桜にちなんだ花見弁当

その前に入口で「白雪」を一杯飲み
ぜんざいを食べて集合場所に教室に
強制的に、宇和島のお酒を飲みました(300円)






今年の関大フェスティバルは




朝からの雨の関係で
野外ではなく野点は凛風館の1階で


歓迎セレモニーはBIGホール100で行われました
先ず、応援団長の(女性)による学歌


続いて漢舞による演舞









チアガール
による華麗な演技

最後の締めは副団長による逍遥歌

今まで2部での女性の応援団長は経験しましたが
今年は団長、副団長とも女性でした
我が母校の女性の比率は約40%とのこと
男尊女卑から女尊男卑への変化か・・・
男のバンカラも遠い昔の話かも・・・???

帰りに難波の「豊祝」で中国からの研修生を交えて少し飲んで帰りました
2014/02/23

執筆者: oosakajyou (7:07 pm)
2月22日は11:30に清荒神北口に集合し
まずは名物の「コロッケ」を購入
清荒神さんをお参りし















竹細工を売っている店で「白蛇」に出会う。


初めて見る・・・
脱皮した皮で「寿」の文字









佛光寺にお参りする

ここは本山が台湾の高雄にあるとのこと
台湾の人が説明をしてくれた。
信者は殆どが台湾人で少し中国人がいる程度である。




売布神社に再度集合し


静かで、
焚き火が暖かく
いつまでも居たい気分である






巡礼街道をトボトボ連れ立って歩く
市杵島姫神社から









安産の観音様で有名な中山寺へ
私の子供たちもここで腹帯をいただきました。



天満宮から正念寺へ松尾神社を通り山本駅へ









懇親会は十三へ
行ったお店のシステムが変わっていた。




お金を金のお皿に入れておくと
注文した品物が来るたびに店員さんがお皿から持っていく
お金がなくなれば追加するか帰るかである。

写真は鳥の皮の唐揚げと生姜の天ぷら
とっても美味しかったです。
2013/12/29
カテゴリ: 季節の出来事 : 

執筆者: oosakajyou (5:10 pm)

29日の午後は漢國神社の石舞台にて1時から
「奉納獅子舞・太神楽」があり

久しぶりの晴天の中、出かけました。


古典芸能の復活を願って今年で6回目とのこと







境内には徳川家康から奉納された鎧が飾ってある。


多くの人が参拝し、出演者の「宮参」が行われ










猿田彦舞五穀と舞が進む(クリックすると動画)










荒神祓、親子獅子では30歳代と60歳代の親子で舞ったともこと、











参神楽、の後は弟子による二本のパチを使った曲芸、
豊来屋玉之助師匠による縁起の良い傘回し
多くの「お捻り」が投げ込まれました















「水戸神楽」「大黒」「手獅子」と続き












「荒廻剣」「四方祓」の後は本殿でのお祓いをうけました。
約1時間半の神楽でした
今回の神楽は初めての貴重な経験でした。















帰りは遅い昼食を神社を出て直ぐのイラウカフェで穴子ちらしを食べました。


« 1 (2) 3 4 5 ... 20 »