ログイン | 新規登録
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
投稿者: oosakajyou 投稿日時: 2009-6-4 12:42:06 (387 ヒット)

久しぶりに会合を企画しました
お友達をお誘いの上多数ご参加いただければ幸甚です。


日時:7月11日(土)10:00〜12:00

内容:
   ゝ蚕儼兢気半霾鶸浜
   HIT研、今後の方向と課題
   A完参加によるワイガヤ
   い修梁勝  紛甼景鷙陝


開催場所:エスオーファイリング研究所


投稿者: oosakajyou 投稿日時: 2009-6-3 15:32:24 (383 ヒット)

大阪大学附属図書館 利用支援課
 稲葉様よりご案内をいただきました

「図書館における資料保存 〜酸性紙劣化と対策について〜」
このたび、大阪大学附属図書館では図書館における資料保存という課題の中で、特に酸性紙劣化とその対策をテーマにして研修会を開催することになりました。

酸性紙劣化は、1980年代にアメリカで大きな問題となり、日本においても1990年に「国立大学図書館における酸性紙劣化の実態調査」が実施され、1993年に最終報告が出されました。しかし、脱酸技術に問題があったり、予算等もあり対策が進んでいない状態です。ところが、戦中戦後の図書資料や中国から輸入した図書資料の劣化等、20世紀の資料にも多くの問題があり古くて新しい課題といえます。

今回の研修では、酸性紙劣化のメカニズムや脱酸技術の歴史と動向の基礎知識を学んだ後、ハンドスプレーで行う脱酸実習や、脱酸処理に出す前に図書館職員が簡単にできる修復の体験をしていただきます。また、研修の合間に、持参された図書館資料のpH測定もいたします。この研修は、私たち図書館職員が酸性紙劣化問題について現在の技術で何ができるのか学んでいただき、業務に活かしていただくことを目的としていますので、多くの方々のご参加をお待ちしております。


日 時 : 平成21年6月12日(金)午後1時〜4時30分
会 場 : 大阪大学附属図書館総合図書館
    (旧:豊中本館)図書館ホール http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/
講 師 : 横島 文夫氏((株)プリザベーション・テクノロジーズ・ジャパン専務取締役)
参加対象 : 近畿地区国公私立大学図書館職員及び資料保存に興味のある方
募集人数 : 実習付き50名(参加費無料)、聴講のみ希望の方はお申し出ください。
研修内容 : 
1) レクチャー(酸性紙劣化のメカニズム、脱酸技術の歴史と動向、大量脱酸) 
2) デモンストレーション及び実習
参加者持ち込み資料のpH測定
ブックキーパー・ハンドスプレー・システムの体験
補修実習 : 脱酸処理に出す前に簡単な補修はあなたの手で!
申込方法 : 下記項目(1)(2)(3)(4)を明記の上、電子メールにてお申し込みください。
・申込先: 大阪大学附属図書館 図書館企画課
         企画係 E-mail:kikaku@library.osaka-u.ac.jp
・項 目: (1)資料保存研修会申込み (2)氏名 (3)所属 (4)実習を希望するか否か
申込締切 : 平成21年6月5日(金)午後5時 (参加の可否については、メールにて返信いたします。)
なお、当館では昨年秋から建物の一部について耐震改修工事を行っていましたが、6月2日「ラーニング・コモンズ」としてリニューアルオープンいたします。ぜひご見学いただければと思います。


投稿者: oosakajyou 投稿日時: 2009-5-20 14:38:50 (454 ヒット)

◎2009年5月月例研究会
日 時:6月6日(土)14時半〜17時
会 場:大阪市立難波市民学習センター 第4研修室
    JR難波駅の真上、OCATビル4階。
    地下鉄四ツ橋線難波駅すぐ、御堂筋線難波駅から地下道を通って約10分、南海難波駅から約10分、地下鉄千日前線難波駅・近鉄難波駅から約5分 
    大阪市浪速区湊町1-4-1 TEL:06-6643-7010
テーマ:−書誌データかメタデータか−フローとストックの狭間で−
発表者:和中幹雄氏
    (前・国立国会図書館関西館長)
概 要:「データについてのデータ」あるいは「データの意味を記述あるいは代表するデータ」という、メタデータに関するより一般的な定義から出発する。メタデータの一種である図書館目録に関わる書誌データ(Bibliographic data)とは、「書誌に関する」データではなく、「書誌(学)的」データである。では「書誌(学)的」メタデータとはどのような意味を記述あるいは代表するデータか。FRBRやRDAのいくつかの規定を例にして、またAACRやNCRの策定の歴史も振り返りながら、Bibliographicのもつ意味を考える。

------------------------------------------------------
●日本図書館研究会情報組織化研究グループWWWサイト
  http://www.tezuka-gu.ac.jp/public/seiken/

●今後の月例研究会(等)予定
◎6/27(土) 於:大阪市立浪速人権文化センター(芦原橋)
 古川肇氏「RDA全体草案に見る目録の諸問題」
 ★通常より30分早く、14:00開会を予定しています。


投稿者: oosakajyou 投稿日時: 2009-4-21 16:30:07 (407 ヒット)

日 時 : 6月5日(金)19:00〜21:00
場 所 : あじビル南3F『和心』
参加費 : 5千円


投稿者: oosakajyou 投稿日時: 2009-4-4 12:21:29 (447 ヒット)

日時:2009年6月4日(木)18:00〜20:30
場所:エスオーファイリング研究所・会議室
内容:
 18:00〜19:00(18時より部屋を開けます)
  ゆるーいワイガヤ交流会
 19:00〜20:00
   愍霾鹹鷆 戞塀找和翅膤悄〔祥清擬 戸田 光昭先生)
  記録管理・関西での09年度の予定
  MLAの連携について
 20:00〜20:30
  全員参加によるワイガヤ
 20:30〜22:00(タイムリミット)
  有志による懇親会(近所の居酒屋でおこないます)
参加費:200円 (懇親会参加者は別途約3千円を予定)


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 18 »